• バルコニータイルの魅力

    バルコニータイルとは文字通りバルコニーに敷き詰めて使用するタイルを意味します。



    戸建て住宅でバルコニーがある場合は、バルコニータイルを直接貼り付けて使用することが可能です。
    マンションの場合はバルコニーは共有部分になるため、貼り付けることはできませんがタイルを床に置くことは可能と言われています。



    一般的にバルコニータイルは薄いグレーやベージュの色が一般的で、色合いが柔らかいためむき出しの床よりも利用することでバルコニーに高級感を出すことができるというメリットがあります。また、タイルを利用することでバルコニーの床が持ち上がり、室内のリビングと一体感を出すことも可能です。

    リビングとバルコニーの色を同系色にすることでリビングがバルコニーまでつながっているかのように演出ができるため、部屋をより広く見せることができます。バルコニータイルはタイルの表面に汚れが付着しにくいという特徴があるため、比較的キレイな状態で保つことができ靴下のまま出てもそこまで汚れないという魅力もあります。

    木のタイルを使用したときの特徴と同様、タイル同士の間に隙間が生じるため砂ぼこりなどの細かいゴミがタイルの下に落ち、タイルの掃除が簡単にできるというメリットもあります。



    タイルの下に虫がわくのではないかという疑問を持つ方もいるかもしれませんが、タイルの下が土ではなくコンクリートのため虫が大量に発生するという心配も少ないと言われています。