貸工場を契約するという方法もあります

自社でものづくりをしている会社の場合、工場を自前で持つべきかどうか、判断に迷うことがあります。
受注が増えて、かなりの増産が見込まれるときに、よく起こる課題です。

NAVERまとめの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

このとき、もし自分の会社で工場を建てるとしたら、どのような問題が出てくるのでしょうか。

まずは、工場建設をするにあたって、かなりの投資をしなければならない、という点です。


一からの建設になりますので、建屋そのものにかかる費用ももちろんですが、機械や設備、什器もそろえなければなりません。

多額の費用が発生することとなります。


自己資金ですべて費用を賄えるというのであれば話は別ですが、実際には、金融機関から借入を行うことで資金手配をするケースが圧倒的に多いものです。


設備資金ということで長期の借入になりますが、もし業績が思わしくなくなったら、借入金や支払利息の返済が困難になり、経営の足を引っ張ることにもなりかねません。



ほかにも、自社で工場を持ったら、もし会社の引越しという事態になったら、かなりの煩雑さが出てきます。

千葉の貸工場を手軽に利用してみませんか?

そこで、貸工場を借りるという選択肢が出てくるのです。

実際に、1日単位で計算する貸工場物件もあります。

貸工場ですと、受注が多くなりそうなときに、それを乗る切るための一時的な使用も可能なのです。

先行きが不透明な経済情勢のもと、また、多額の資金を用意しにくい状況にあっては、貸工場の選択は有力な選択肢になること必至です。
今では、貸工場や貸倉庫を専門に取り扱う業者も出てきているほど、ニーズは根強いです。